RubyでTwitterのタイムラインを取得してみる

Tags: [ Ruby ] [ Twitter ] [ API ] Published: 2010/12/07

前回までのあらすじ

  1. 2010-11-21-1290271210
  2. 2010-11-30-1291125511

前回までで、なんとかOAuth認証を突破する事ができました。目標は達成できたっちゃあできたんですが……せっかくなので、取得したアクセストークンを使ってTwitterからタイムラインを取得してみます!

タイムラインの取得方法

  1. signatureを作成する
  2. 以下のパラメータをアルファベット順にxxx=yyy&vvv=zzz……の形で連結した値をhttp://api.twitter.com/1/statuses/home_timeline.jsonのおしりにくっつけてGET or POST
    1. oauth_consumer_key
    2. oauth_nonce
    3. oauth_signature
    4. oauth_signature_method
    5. oauth_timestamp
    6. oauth_token
    7. oauth_version

取得はこれで完了。

signatureの作成方法は今までと同じで、

  1. 認証用の値を生成する(以下の3つの値を&で連結する)
    1. "GET"
    2. "http://api.twitter.com/1/statuses/home_timeline.json"をエスケープしたもの
    3. oauth_signature以外のパラメータ*1をアルファベット順に並べてxxx=yyy&vvv=zzz……の形で連結した値をエスケープしたもの
  2. 署名キーを生成する
    1. "consumer_secret&oauth_token_secret"
  3. キーを元に値をHMAC-SHA1方式で暗号化した値をbase64形式でエンコードする

です。OAuth認証して獲得したアクセストークン、oauth_tokenとoauth_token_secretを随所で使います。そして作成したsignatureと他のパラメータをhttp://api.twitter.com/1/statuses/home_timeline.jsonのおしりにくっつけて(今回は)GETリクエスト。

戻ってきたタイムライン

タイムラインらしきものはjsonという形式のデータで戻って来ます。home_timeline.jsonのjson部分をxmlとかrssに変えるとxml形式のタイムライン、rss形式のタイムラインが返ってくるようですが今回はこのjsonを何とかしてみます。

jsonの詳細は後にググるとして、一人当たりの情報はこんな感じ。*2

.......},{
	\"coordinates\":null,
	\"created_at\":\"Tue Dec 07 13:50:49 +0000 2010\",
.
(略)
.
	\"in_reply_to_screen_name\":null,
	\"in_reply_to_status_id_str\":null,
	\"id_str\":\"99999999999999999\",
	\"contributors\":null,
	\"retweet_count\":null,
	\"in_reply_to_user_id\":null,
	\"in_reply_to_user_id_str\":null,
	\"user\":{
.
(略)
.
		\"screen_name\":\"kk_Ataka\",
		\"profile_sidebar_border_color\":\"C0DEED\",
		\"follow_request_sent\":false,
		\"location\":\"Kawasaki, Kanagawa, Japan\",
.
(略)
.
		\"profile_link_color\":\"0084B4\"},
	\"geo\":null,
	\"retweeted\":false,
	\"id\":99999999999999999,
	\"text\":\"test\"
},{......

初見だとこれ×20件のデータが改行なしでずらりと画面に並ぶので、面食らったのですが、よく見てみると見覚えがあるデータもちらほら……。

例えば、userの中にあるscreen_nameはkk_Ataka……これ俺や! あとは、text:testも、testってツイートした後だったので、ツイート内容なのかなと。

リプライしたときはin_reply_to系のキーにリプライ相手のidやscreen_nameが入っていると思います。

んで、このデータをどうやって解析しようか……と思ってググってみると、jsonをparseしてハッシュにしてくれるプログラムが。@webos_goodiesさんのRuby 用 JSON パーサーを更新、 JSON への変換も追加 - WebOS Goodiesこのプログラムをありがたく使わせていただきました。

ソースはこんな感じ。上記のparserは下記のrbファイルと同じディレクトリ、もしくはパスの通っている場所にsimplejsonparser.rbとして配備しました。

require 'openssl'
require 'uri'
require 'net/http'
# http://webos-goodies.jp/archives/51071565.html
require 'simplejsonparser'
require 'nkf'
require 'time'

# signature作成
def signature(method, consumer_secret, oauth_token_secret, url, oauth_header)
	# signature_keyの作成
	# リクエストトークン時は"CONSUMER_SECRET&"(アンドが入っている)
	# アクセストークン時は"CONSUMER_SECRET&OAUTH_TOKEN_SECRET"として使用
	signature_key = consumer_secret + "&"
	if !oauth_token_secret.nil? then
		signature_key += oauth_token_secret
	end

	# oauth_headerのパラメータをソートして連結
	param = sort_and_concat(oauth_header)

	# httpメソッドとURLとパラメータを&で連結する
	value = method + "&" + escape(url) + "&" + escape(param)
	# hmac_sha1
	sha1 = OpenSSL::HMAC.digest(OpenSSL::Digest::SHA1.new, signature_key, value)
	# base64
	base64 = [sha1].pack('m').gsub(/\n/, '')
	return base64
end

# 文字列のエスケープ(: / = %をエスケープする。. _ -はそのまま)
def escape(value)
	URI.escape(value, Regexp.new("[^a-zA-Z0-9._-]"))
end

# oauth_headerの情報をアルファベット順に並べ替え & で結合
def sort_and_concat(oauth_header)
	oauth_header_array = oauth_header.sort
	param = ""
	oauth_header_array.each do |params|
		for i in 1..params.length
			param += params[i-1]
			if i % params.length == 0
				param += "&"
			else
				param += "="
			end
		end
	end
	param = param.slice(0, param.length-1)
end

# 自分のタイムライン取得用のURL
home_timeline_url = "http://api.twitter.com/1/statuses/home_timeline.json"

# Twitterで登録したらもらえる
consumer_key = "XXXXXXXXXXXXXXXXXXX"
consumer_secret = "YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY"

# Twitterからもらえるアクセストークン
oauth_token = "11111111-ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ"
oauth_token_secret = "VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV"

# oauthパラメータたち
oauth_header = {
	# Consumer Key
	"oauth_consumer_key" => consumer_key,
	# 一意な値(今回は適当に実装)
	"oauth_nonce" => "AAAAAAAA",
	# 署名方式(HMAC-SHA1)
	"oauth_signature_method" => "HMAC-SHA1",
	# リクエスト生成時のタイムスタンプ(ミリ秒)
	"oauth_timestamp" => Time.now.to_i.to_s,
	# バージョン(1.0)
	"oauth_version" => "1.0",

	# アクセストークン
	"oauth_token" => oauth_token 
}

# signature作成
oauth_header["oauth_signature"] = signature("GET", 
					consumer_secret, 
					oauth_token_secret, 
					home_timeline_url, 
					oauth_header)

# GETする
uri = URI.parse(home_timeline_url)
proxy_class = Net::HTTP::Proxy(ARGV[0], 8080)
http = proxy_class.new(uri.host)
http.start do |http|
	# oauth_headerのパラメータをソートして連結
	param = sort_and_concat(oauth_header)
	
	res = http.get(uri.path + "?#{param}")
	if res.code == "200" then
		json = res.body
		# simplejsonparserでparseしてもらう
		jsonparse = JsonParser.new.parse(json)

		# 逆順にして古い物から取得する
		jsonparse = jsonparse.reverse

		for i in 0..jsonparse.length-1

			# 日付フォーマットを年/月/日 時間に変更
			time = Time.parse(jsonparse[i]["created_at"]).strftime("%Y/%m/%d %X")

			# SJIS変換(コマンドプロンプトで見る用)
			# print NKF.nkf('-s', "■#{jsonparse[i]["user"]["screen_name"]} (#{jsonparse[i]["user"]["name"]}) #{time}\n #{jsonparse[i]["text"]}\n")
			print "■#{jsonparse[i]["user"]["screen_name"]} (#{jsonparse[i]["user"]["name"]}) #{time}\n #{jsonparse[i]["text"]}\n"
		end
	else
		print "#{res.code}\n"
	end
end

結果はこう。タイムラインゲットー!

Windows用……

ソースの最後、parseも終わってその中からほしいキーの値を取り出してるところで。

			# SJIS変換(コマンドプロンプトで見る用)
			# print NKF.nkf('-s', "■#{jsonparse[i]["user"]["screen_name"]} (#{jsonparse[i]["user"]["name"]}) #{time}\n #{jsonparse[i]["text"]}\n")

SJIS変換してるところがあるんですが、これ、もともとWindowsのコマンドプロンプトで動かしたくて作っていたものなんです。でもコマンドプロンプトって文字コードがSJISのようでそのまま表示すると文字化け起こすのでこういう対応を。

一応軽くググった感じだと、コマンドプロンプトでもUnicode文字を読めるようなのですが……。

*1: oauth_consumer_key, oauth_nonce, oauth_signature_method, oauth_timestamp, oauth_token, oauth_versionの6個っすねー。oauth_tokenを忘れずに。

*2: 本来は一行で取得します


Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages