Jekyll@GitHub Pagesの運用形態を変えたのでAnalyticsの設定が効かなくなっていた

Tags: [ Jekyll ] [ Ruby ] Published: 2013/05/27

あらすじ

Jekyllで指定していたGoogle Analyticsの設定が効かなくなっていた。

他のGitHub Pages@Jekyllでは正しくGoogle Analyticsが動いているのに…。

結論

  • 前回 GitHub Pages の運用形態を変えていた … GitHub PagesでJekyllプラグインを使えるようにするには…
    • 変更前: master ブランチにコンテンツを配備し、GitHubにデプロイしてもらう
    • 変更後: source ブランチを作成しコンテンツを移動。ローカルでビルドした静的ファイルを master ブランチにpush
  • それによる オプション指定の凡ミス

おぉ…。

参考サイト

ハマり

前提: GitHub Pagesの運用形態

指定のブランチに以下のようなファイル群を置いておく事で、GitHub Pagesができる。

  1. Jekyllのコンテンツ
    • Jekyllに必要なファイルをpushしておけば、GitHubがよろしくデプロイしておいてくれる
  2. 静的ファイル
    • そのまま表示される

Jekyllのコンテンツをpushして、後はおまかせするだけの運用は便利だけど、 自作プラグインが動かない という問題がある。

プラグインを動作させるためには、以下のように、あらかじめローカルでビルドした静的ファイルをpushしなければならない。

  • master 以外の別ブランチ(仮に source ブランチ)を作成し、そこでJekyllのコンテンツを管理する
  • ローカルの source ブランチで編集を終えたら、 jekyll build
  • 生成された成果物を master ブランチにpushする
    • ローカルでbuildしているので、プラグインが動作した状態で静的ファイルが出来ている
    • こんな感じの手法をとっているのがOctopress

この情報をもとに、Rakefileにdeployコマンドを作った。

https://github.com/gosyujin/gosyujin.github.com/blob/source/Rakefile

    # Usage: rake deploy
desc "Begin a push static file to GitHub"
task :deploy do
  sh "jekyll build"
  puts "! Push to source branch of GitHub"
  sh "git push origin source:source"
()
  

analyticsの設定はどう読み込まれているのか

_includes/JB/analytics を見ると、analyticsを読み込むには以下の条件を満たす必要がある。

    {% if site.safe and site.JB.analytics.provider and page.JB.analytics != false %}

{% case site.JB.analytics.provider %}
{% when %}
  {% include JB/analytics-providers/google %}
(略)
  

大事なのは、 site.safe がtrue である事。

このsafeオプションがtrueになっている条件を見落としてた。trueじゃないとanalytics読み込みはなされない。

しかし…。

※ safeはデフォルトではfalse

    $ bundle exec jekyll --help
    jekyll
(略)
    --safe 
        Safe mode (defaults to false)
  

※ https://help.github.com/articles/pages-don-t-build-unable-to-run-jekyll 本家のhelpでも --safe オプションよろしく!とのこと。

GitHubがJekyllのコンテンツをデプロイする際は、必ず --safe がつけられる。(そのため、自作プラグインが動かなくなる)

しかし、safeがfalseじゃないと自作のプラグインを動かせないので、 _includes/JB/analytics から if site.safe の条件を削除する事で対応。

ローカルで埋め込んだ後で、pushすればいい。


以下、どこが原因かわからなかったので、Jekyll Bootstrapのデフォルトファイルを読んでいった結果。

蛇足

ディレクトリ構成

Jekyll Bootstrapを落としてくるとファイル構成はこう。

  • 404.html
  • README.md
  • Rakefile
  • _config.yml
  • _includes/
  • _layouts/
  • _plugins/
  • _posts/
  • _site/
  • archive.html
  • assets/
  • atom.xml
  • categories.html
  • changelog.md
  • index.md
  • pages.html
  • rss.xml
  • sitemap.txt
  • tags.html

その中の _layouts ディレクトリの中にテンプレート的なファイルがある。

  • _layouts/
    • default.html
    • page.html
    • post.html

htmlを見てみると…。

    $ cat _layouts/default.html
---
theme :
  name : twitter
---
{% include JB/setup %}
{% include themes/twitter/default.html %}
  
    $ cat _layouts/page.html 
---
layout: default
---
{% include JB/setup %}
{% include themes/twitter/page.html %}
  
    $ cat _layouts/post.html 
---
layout: default
---
{% include JB/setup %}
{% include themes/twitter/post.html %}
  

こんな感じ。はじめのハイフンで囲まれたエリアはyaml front matter? http://jekyllrb.com/docs/frontmatter/

続いて、JB/setupthemes/twitter/default.html page.html post.html をインクルードしている。

layout: default と書かれている page.html と post.html は default.html を親にしている事がわかる。

include JB/setup

_layout/default.html 一つ目の include である JB/setup を見てみる。 include なだけあって、 _includes ディレクトリにある。

    {% capture jbcache %}
  <!--
  - Dynamically set liquid variables for working with URLs/paths
  -->
  {% if site.JB.setup.provider == %}
    {% include custom/setup %}
  {% else %}
    {% if site.safe and site.JB.BASE_PATH and site.JB.BASE_PATH != '' %}
      {% assign BASE_PATH = site.JB.BASE_PATH %}
      {% assign HOME_PATH = site.JB.BASE_PATH %}
    {% else %}
      {% assign BASE_PATH = nil %}
      {% assign HOME_PATH = %}
    {% endif %}

    {% if site.JB.ASSET_PATH %}
      {% assign ASSET_PATH = site.JB.ASSET_PATH %}
    {% else %}
      {% capture ASSET_PATH %}/assets/themes/{% endcapture %}
    {% endif %}
  {% endif %}
{% endcapture %}{% assign jbcache = nil %}
  

site.JB.hogehogeの設定を確認して、パス設定などしているよう。

この site.JB.hogehoge っていうのは _config.yml に定義しているパラメータだよね。こんな感じで定義されている。

    JB :
  version : 0.3.0
  BASE_PATH : false
  ASSET_PATH : false
  archive_path: /archive.html
  categories_path : /categories.html
  tags_path : /tags.html
  atom_path : /atom.xml
  rss_path : /rss.xml
  (略)
  

どんな値になっているのか確認のため、 JB/setup の先頭に以下のような出力を足してみる。

    safe {{site.safe}} <br>
site.JB {{site.JB}} <br>
provider {{site.JB.setup.provider}} <br>
base {{site.JB.BASE_PATH}} <br>
asset {{site.JB.ASSET_PATH}} <br>
page name {{ page.theme.name }}
{% capture jbcache %}

  

で、実行結果。

    safe false 
site.JB {"version"=>"0.3.0", "BASE_PATH"=>false, "ASSET_PATH"=>false, "archive_path"=>"/archive.html", "categories_path"=>"/categories.html", "tags_path"=>"/tags.html", "atom_path"=>"/atom.xml", "rss_path"=>"/rss.xml", "comments"=>{"provider"=>"disqus", "disqus"=>{"short_name"=>"jekyllbootstrap"}, "livefyre"=>{"site_id"=>123}, "intensedebate"=>{"account"=>"123abc"}, "facebook"=>{"appid"=>123, "num_posts"=>5, "width"=>580, "colorscheme"=>"light"}}, "analytics"=>{"provider"=>"google", "google"=>{"tracking_id"=>"UA-123-12"}, "getclicky"=>{"site_id"=>nil}, "mixpanel"=>{"token"=>"_MIXPANEL_TOKEN_"}}, "sharing"=>{"provider"=>false}} 
provider 
base false 
asset false 
page name twitter
  

なるほど。実行結果的にはifの最後を通っているようなので、 ASSET_PATH の設定をしている事になる。

ASSET_PATH = /assets/themes/twitter となった。

include themes/twitter/default.html

_layouts/default.html の二つ目の include。一部を除き、htmlがつらつらと…。

    <!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>{{ page.title }}</title>
    {% if page.description %}<meta name="description" content="{{ page.description }}">{% endif %}
    <meta name="author" content="kk_Ataka">

    <!-- Enable responsive viewport -->
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
(略)
    <div class="container-narrow">

      <div class="content">
        {{ content }}
      </div>
      <hr>
  

動的に表示させたい部分はliquidで埋め込んでいる。{{ }} とか {% %} で始まる部分がそう。

で、 content 部分に子?の内容が埋め込まれるのか。

まとめ

rake post title=hoge として作った _posts/2013-xx-yy-hoge.md を表示するためには、こんな風に埋め込みしていっている?

jekyll-page


Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages