Pygmentsを使ってJekyll内記事のコードハイライトを実現する

Tags: [ Python ] [ Ruby ] [ Jekyll ] Published: 2012/09/21

あらすじ

Jekyllではデフォルトでコードにハイライトをつける事はできないようなので、Pygmentsという拡張を入れる。

環境

  • Python 2.7.3 (2.6以上が必要)
    • easy_install

easy_installはhttp://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.pyからDLし $ (sudo) python ez_setup.py でインストールする。

※ 後に以下のようなエラーが出るかもしれない。

Liquid error: undefined method ‘Py_IsInitialized’ for RubyPython::Python:Module

これはRubyからPythonを呼びに行くRubypythonというライブラリの中で、libpython2.7.soというファイルを探しに行くが、見つからないとすぐあきらめるようなので? --enable-shared オプションつけてのインストールが吉。

また、以下の様なエラーが出た場合、libpython2.7.so.1.0が見つからなくてpythonコマンドが実行できなくなった。

$ python
> python: error while loading shared libraries: libpython2.7.so.1.0: cannot open shared object file: No such file or directory

$ ldd python
    linux-vdso.so.1 =>  (0x00007fff9cf94000)
    libpython2.7.so.1.0 => not found
    libpthread.so.0 => /lib64/libpthread.so.0 (0x000000343d600000)
    libdl.so.2 => /lib64/libdl.so.2 (0x000000343ce00000)
    libutil.so.1 => /lib64/libutil.so.1 (0x0000003440200000)
    libm.so.6 => /lib64/libm.so.6 (0x0000003665600000)
    libc.so.6 => /lib64/libc.so.6 (0x000000343d200000)
    /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x000000343ca00000)

/usr/libとか共有ライブラリが検索するように設定しているパスにシンボリックリンクを貼るか、LD_LIBRARY_PATHにパスを追加するか/etc/ld.so.conf.d/hogehoge.confを作ってパスを追加するかldconfigコマンドでパスを追加してからもう一回Pythonインストールする。

参考サイト

手順

いきなりeasy_install。

$ easy_install Pygments
Searching for Pygments
Best match: pygments 1.5
Processing pygments-1.5-py2.7.egg
pygments 1.5 is already the active version in easy-install.pth
Installing pygmentize-script.py script to C:\Pythons\Python27\Scripts
Installing pygmentize.exe script to C:\Pythons\Python27\Scripts
Installing pygmentize.exe.manifest script to C:\Pythons\Python27\Scripts

Using c:\pythons\python27\lib\site-packages\pygments-1.5-py2.7.egg
Processing dependencies for Pygments
Finished processing dependencies for Pygments

highlight hogeタグをテストするが、以下のようなエラーが表示されてしまった。

Liquid error: Bad file descriptor

Windowsでpygmentsを使ってコードハイライト によると、

C:\Ruby193\lib\ruby\gems\1.9.1\gems\albino-1.3.3\lib\albino.rbにパッチを当てる。

という事で albino.rb にパッチをあてると解決するらしい。

確かに、Bundlerでインストールしたgemの中にしっかりと albino-1.3.3 がある。

……が。このalbinoはhighlightがあるたびにPygmentsを呼ぶようなのでこのまま使っていくと超重くなるらしい。

今現在gemでインストールできるjekyllはコードハイライトにalbinoっていう モジュールを使ってみるみたいで、こいつはハイライトするコードブロックが あるあるたびにpygamentsプロセスを立ち上げるらしく、それが原因で超重くなってたみたい。

それはできれば避けたい……。

Jekyllの修正

Swap out albino for pygments.rbを見ながら albinopygments.rb に差し替えてやる。

差し替えが完了したらpygments.rbとその依存gemを取りに行くためbundle update。

$ bundle update
Fetching source index for http://rubygems.org/
Fetching source index for http://rubygems.org/
Using RedCloth (4.2.9)
Installing blankslate (3.1.2)
Using fast-stemmer (1.0.1)
Using classifier (1.3.3)
Using directory_watcher (1.4.1)
Installing ffi (1.0.11) with native extensions
Installing kramdown (0.14.0)
Using liquid (2.4.1)
Using syntax (1.0.0)
Installing maruku (0.6.1)
Installing rubypython (0.5.3)
Installing pygments.rb (0.2.13)
Using jekyll (0.11.2)
Using bundler (1.0.21)
Your bundle is updated! Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.

これでまずは

 {% highlight ruby  %}
 puts "hello world"
 {% endhighlight  %}

こういう表記が一応、liquid errorがでずに出力されるようになった。

    puts "hello world"
world.each do |w|
  w = "hoge"
end
  

色づけ

最後にハイライト。(記事上はもう色がついちゃってるんだけど、本来は全部黒いはず)これはtpw / css / syntax.cssからCSSを持ってくれば良い。このsyntax.cssの内容を JEKYLL_HOME\assets\themes\twitter\bootstrap\css\bootstrap.min.css に追記する。

これでOK!


Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages