Excel2007のF1キーを無効化する

Tags: [ Windows ] [ 備忘録 ] Published: 2011/11/16

あらすじ

ExcelのF1キーを殺したい…。Wordとかは百歩譲っていいとして、ExcelにはF2キーにセル編集が割当たっているので、それを使うときに暴発してしまうため。

  • F1キーそのものを引っこ抜く
  • 何かしらの方法で無効化する

ググってみると、F1キーをぶちぬくという方法も割とメジャーらしいのですが、いずれ返却しなければいけないPCのため物理的な方法は却下。なので無効化する方向でいきます。レジストリをいじってなんとかする。Accessの履歴といい、なんでMicrosoft製品は何かしようとしたらレジストリいじらないといけないんだ…。

手順

Windowsキー+r -> regedit でレジストリエディタ起動、まずは下記パスを掘っていく。

HKEY_CURRENT_USER
┗Software
 ┗Policies
  ┗Microsoft
   ┗Office

Officeフォルダ直下になにかしら数字フォルダがあるかもしれないが、これはOfficeのバージョン。

  • 12.0 = Office2007

という事らしい。今回は2007なので12.0を掘る。ここから下の階層はなければ作成する。(作成したい階層で右クリック -> 新規 -> キー)

HKEY_CURRENT_USER
┗Software
 ┗Policies
  ┗Microsoft
   ┗Office
    ┗12.0
     ┗Excel
      ┗DisabledShortcutKeysCheckBoxes

DisabledShortcutKeysCheckBoxesを作り、DisabledShortcutKeysCheckBoxesで右クリック -> 新規 -> 文字列値を選択しF1Key(わかればなんでもよい)と入力。作成したF1Keyをダブルクリックし

112,0

と入力しOK押下。

Excelを再起動するとF1キーを押しても何も起こらなくなった!! よし!

blog comments powered by Disqus

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages