CapsLockキーとCtrlキーを入れ替える(置き換える)方法

Tags: [ Windows ] [ 備忘録 ] Published: 2011/12/20

あらすじ

CapsLockいらない! ここにCtrlキーほしい!

方法

レジストリをいじってキーを置き換える事に。この例では無変換キーもまとめてCtrlキーに変更する。レジストリをいじるため一か八か細心の注意を払う。

  • ファイルを指定して実行で regedit を起動
  • HKEY_LOCAL_MACHINE -> SYSTEM -> CurrentControlSet -> Control -> Keyboard Layout を選択し右クリック
  • 新規 -> バイナリ で新しいキーを作成
  • 新しいキーを選択し右クリック -> 名前の変更 で Scancode Map に変更
  • 同じく右クリック -> 修正 でバイナリデータを以下のように編集
      0000 00 00 00 00 00 00 00 00 ........
      0008 04 00 00 00 1D 00 3A 00 ......:.
      0010 1D 00 7B 00 00 00 00 00 ..{.....
      0018
  • 0000はヘッダらしい。全て0固定
  • 0008前半部の04 00 00 00 は使用するキー+1を入力する。今回は下記キーを使用するため04となる
    1. 左Ctrlキー
    2. 無変換キー
    3. CapsLockキー
    4. プラス1
  • 0008後半部の 1D 00 3A 00 と 0010前半部の 1D 00 7B 00 がキーをカスタマイズしている箇所
  • 0010後半部の残りは 00 埋め

対応

  • キーとバイナリ値は下記のようになっている
    • が、書き込むときはひっくり返す事。(CapsLockなら 3A 00 となる)リトルエンディアンだとそうなるらしい
    • エンディアン - Wikipedia
キーバイナリひっくり返す
左ctrl00 1D1D 00
無変換00 7B7B 00
CapsLock00 3A3A 00
blog comments powered by Disqus

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages