すごいHaskellたのしく学ぼうでHaskellことはじめ3

Tags: [ Haskell ] Published: 2013/02/04

前回までのあらすじ

すごいHaskellたのしく学ぼうでHaskellことはじめ2

参考

  • すごいHaskellたのしく学ぼう

4章 再帰

リストの中の最大値を取得するmax’関数を実装する。

max’関数

手順

  • 動作原理はP53の図の通り。max’をずーっと掘っていく
  • max’にリストを渡すと、ずーっと3番目のmax’が実行されるが、最後の一回だけは要素一つのリストになっているので、2番目の式が実行される
  • 最後までいったらさかのぼる
    max' [] = error "empty"        -- 1番目
max' [x] = x                   -- 2番目
max' (x:xs) = max x (max' xs)  -- 3番目
  

実行結果

    *Main> max' [1,4,3,2,5,6]
6
*Main> max' [2]
2
*Main> max' []
*** Exception: empty
  

他の再帰

残りの再帰例も写経してみる+一部いじってみる。

    replicate' n x
 | n <= 0     = []
 | otherwise  = x:concat
 where concat = replicate' (n-1) x

take' n _
 | n <= 0      = []
take' _ []     = []
take' n (x:xs) = x:concat
 where concat  = take' (n-1) xs

reverse' []     = []
reverse' (x:xs) = reverse' xs ++ [x]

zip' [] _          = []
zip' _ []          = []
zip' (x:xs) (y:ys) = (x,y):concat
 where concat      = zip' xs ys
  

写経してみれば、なんとなく書きっぷりはわかってくるな。

blog comments powered by Disqus

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages