Gitの.git/objectsの中身を追ってみる

Tags: [ Git ] Published: 2013/12/14

あらすじ

この記事は Git Advent Calendar 2013 の 14 日目の記事です。

とりあえず 12 日目へつなげておきますね。

最近 Subversion を使うことが多く、めっきり Git を使っていないので、復習として .git/objects の中身を追ってみた。

参考

結論

とりあえず add さえしていれば 、ファイルを救える。

以下、 .git/objects 下で起こる事。

git add したとき

  • $ git add した瞬間、 add したファイルが .git/objects 下に生成される
    • Git で決められたヘッダ情報と、ファイル中身から算出される SHA1 でファイル構造が決定する
    • 具体的には頭 2 文字でディレクトリを作り、残りの文字でファイル名
      SHA1 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
  ファイル .git/objects/55/7db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
  
  • add したときに作られるこのファイルは blob オブジェクトと呼ばれる
    • blob オブジェクトは構造など持たない
    • 構造を管理するのは後述する他のオブジェクト
  • このファイルは $ git cat-file で中身を確認できる(他のコマンドでもいける)
    • zlib 圧縮されているだけなので、自力で解凍して中身を確認することもできる

git commit したとき

  • $ git commit すると、 2 つ以上のファイルが .git/objects 下に生成される
    • commit オブジェクトと tree オブジェクト
  • commit オブジェクトからは、以下のことがわかる
    • tree オブジェクト(コミットした時のファイル一覧)
    • 1つ前の commit オブジェクト
      • merge した場合など、複数の親を持つ場合は親の分だけ前のオブジェクトの情報を持つ
    • 作成した人、コミットした人
    • コミットログ
    $ git cat-file -p 047f8f6f81e483c5c3004cd80d5ecb81a7f64090
tree c3b5990fc81599cd04934d349b2c08a952f16c18               # コミットした時のファイル一覧
parent c11123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695             # 1つ前の commit オブジェクト
author kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385538273 +0000     # 作成した人
committer kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385538273 +0000  # コミットした人

add test.txt                                                # コミットログ
  
  • tree オブジェクトからは、以下のことがわかる
    • Git リポジトリルートからのファイル一覧
    • それらの SHA1
    • blob オブジェクトか tree オブジェクトか(ファイルかディレクトリか)
    • パーミッション
  • tree オブジェクトは構造をもたない blob オブジェクトをまとめてくれる
    $ git cat-file -p c3b5990fc81599cd04934d349b2c08a952f16c18
100644 blob 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238    README
040000 tree 85a2934a71f7385034f934f9ccc8c746b73d4f44    testdir
  

tree オブジェクト(ディレクトリ) は続く限り繰り返される。

git rm したとき

  • 何も起こらない
  • コミットした時は、いつもどおり commit オブジェクトと tree オブジェクトができる
    • ただし、 tree オブジェクトからは rm したファイルが除外されている

ここから先、実際にごちゃごちゃ Git をいじってみて心で理解する。

実際にやってみる

前準備

test 用ディレクトリを作成。

    
      $ 
      mkdir
       git_test

      $ 
      cd
       git_test/
    
  

ここで $ git init.git ディレクトリが作成され、通常はここにソースなどを置いていく。

    $ git init
Initialized empty Git repository in /home/vagrant/git_test/.git/
$ ls -la
total 12
drwxrwxr-x 3 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 .
drwx------ 4 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 ..
drwxrwxr-x 7 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 .git
  

今回は、さらに深く進んでいく。

    $ cd .git
$ ls -la
total 40
drwxrwxr-x 7 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 .
drwxrwxr-x 3 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 ..
drwxrwxr-x 2 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 branches
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant   92 Nov 26 03:08 config
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant   73 Nov 26 03:08 description
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant   23 Nov 26 03:08 HEAD
drwxrwxr-x 2 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 hooks
drwxrwxr-x 2 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 info
drwxrwxr-x 4 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 objects
drwxrwxr-x 4 vagrant vagrant 4096 Nov 26 03:08 refs
  

各ファイルの役割はこんな感じ。全てはわかっていない。

ファイル 役割
branches/ 新しいバージョンでは使用しない
config リポジトリ固有の設定
description GitWebプログラムで使用する
HEAD 現在チェックアウトされているブランチ
index Gitのステージングエリアの情報を保管
hooks/ フックスクリプト集
info/ .gitignore に記述したくない無視パターンをを保持
objects/ Gitで管理しているファイルの格納場所
refs/ ブランチ内のコミットオブジェクトをさすポインタ

今回は、この .git ディレクトリの中でさらに git init して .git ディレクトリ内の変更を管理できるようにした。とりあえず全部 add 。

    $ git init
Initialized empty Git repository in /home/vagrant/git_test/.git/.git/
$ git add branches/ config description HEAD hooks/ info/ objects/ refs/
$ git commit -m "fitst commit"
  

まだ変更点はなし。

    
      $ 
      git
       status

      # 
      On
       branch master

      nothing to commit (working directory clean)
    
  

git add でファイルを追加

操作手順

Git で管理するファイルは .git/objects ディレクトリ下で管理される。

何かファイルを作ってみる。

    
      $ 
      echo
       "Hello World" >> README

      $ 
      cat
       README

      Hello World
    
  

作っただけでは、 .git ディレクトリに変化は起きない。

    
      $ 
      cd
       .git

      $ 
      git
       status

      # 
      On
       branch master

      nothing to commit (working directory clean)
    
  

ここで $ git add してみる。

    $ git add README
$ git status
# On branch master
#
# Initial commit
#
# Changes to be committed:
#   (use "git rm --cached <file>..." to unstage)
#
#       new file:   README
#
  

.git/objects 下が何か変わっている。(indexも変わっているが、今はスルー)

    $ cd .git
$ git status
# On branch master
# Untracked files:
#   (use "git add <file>..." to include in what will be committed)
#
#       index
#       objects/
  

ファイルがひとつできてる。

    
      $ 
      find
       ./objects/ -type f

      ./objects/55/7db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
    
  

これは、今 add した README ファイルの SHA1 ハッシュ。

  • はじめの 2 文字でディレクトリを作り、残り 38 文字でファイル名
  • なんでこういう分けかたになっているかは調べ切れなかった

$ git cat-file コマンドでこのハッシュからファイルの中身を確認できる。(中身は $ git show でも見ることができる)

    $ git cat-file -t 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
blob # type
$ git cat-file -s 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
12 # size
$ git cat-file -p 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
Hello World # 中身
  

また、Git のオブジェクトは zlib 圧縮されているファイルなので、自力で展開することもできる。(ただし、validなフォーマットで圧縮はされていないのでgunzipなどでは展開できないらしい)

    $ cd .git/objects/55
$ ls

7db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
$ irb
  
    irb(main):001:0> require 'zlib'
=> true
irb(main):002:0> f = File.open('7db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238', 'r')
=> #<File:7db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238>

irb(main):003:0> Zlib::Inflate.inflate(f.read)
=> "blob 12\x00Hello World\n"
  

ヘッダ+ファイルの中身が確認できた。 blob オブジェクトは 「 "blob" + スペース + ファイルサイズ + "\x00" (NUL 制御コード) + 中身 」というという構造らしいので、これで OK のようだ。

ここで出てきた blob っていうのは、 Git のオブジェクトの種類の1つ。全部で4つある。

  • blob
  • tree
  • commit
  • tag

git commit でファイルコミット

いよいよコミットしてみる。

操作手順

    $ git commit -m "README first commit"
[master (root-commit) c111230] README first commit
 1 files changed, 1 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 README
  

一心不乱に .git/objects へ。(それ以外にもいろいろできてる)

    $ cd .git/
$ find ./objects/ -type f
./objects/55/7db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
./objects/67/dc4302383b2715f4e0b8c41840eb05b1873697
./objects/c1/1123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695
  

何か新しいオブジェクトが 2 個( 67dcc111 )増えてる。

中身を見ると、さっき出てきた 4 つのオブジェクトの中の commit オブジェクトと、 tree オブジェクトだ。

    $ git cat-file -t c11123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695
commit
$ git cat-file -s c11123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695
182
$ git cat-file -p c11123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695
tree 67dc4302383b2715f4e0b8c41840eb05b1873697
author kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385505619 +0000
committer kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385505619 +0000

README first commit
  

この commit オブジェクトからは以下のようなことがわかる。

  • tree オブジェクトの SHA1
  • 作成した人、コミットした人
  • コミットログ
    $ git cat-file -t 67dc4302383b2715f4e0b8c41840eb05b1873697
tree
$ git cat-file -s 67dc4302383b2715f4e0b8c41840eb05b1873697
34
$ git cat-file -p 67dc4302383b2715f4e0b8c41840eb05b1873697
100644 blob 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238    README
  

この tree オブジェクトからは以下のようなことがわかる。

  • Git リポジトリルートからのファイル一覧
  • SHA1
  • 種類
  • パーミッション

tree オブジェクトは $ git ls-tree でも確認できる。

次に、コミットログを増やしたいのと、もうちょっと複雑にしたいので、以下のようにディレクトリを作ってその中にファイルを作る。

  1. testdir ディレクトリを作る
  2. その下に test.txt を作る
    $ mkdir testdir
$ echo "test file" >> testdir/test.txt
$ git add testdir/test.txt
$ git commit -m "add test.txt"
[master 047f8f6] add test.txt
 1 files changed, 1 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 testdir/test.txt
  

オブジェクト。

    $ find .git/objects/ -type f
.git/objects/04/7f8f6f81e483c5c3004cd80d5ecb81a7f64090
.git/objects/55/7db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
.git/objects/c3/b5990fc81599cd04934d349b2c08a952f16c18
.git/objects/67/dc4302383b2715f4e0b8c41840eb05b1873697
.git/objects/85/a2934a71f7385034f934f9ccc8c746b73d4f44
.git/objects/c1/1123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695
.git/objects/16/b14f5da9e2fcd6f3f38cc9e584cef2f3c90ebe
  

047f c3b5 85a2 16b1 が増えた。

中身を確認すると、さっきまでとは趣きが違うところがいくつかある。

    $ git cat-file -t 047f8f6f81e483c5c3004cd80d5ecb81a7f64090
commit
$ git cat-file -p 047f8f6f81e483c5c3004cd80d5ecb81a7f64090
tree c3b5990fc81599cd04934d349b2c08a952f16c18
parent c11123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695
author kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385508273 +0000
committer kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385508273 +0000

add test.txt
  

parent として、このコミットの親がわかるようになってる。

    $ git cat-file -t c3b5990fc81599cd04934d349b2c08a952f16c18
tree
$ git cat-file -p c3b5990fc81599cd04934d349b2c08a952f16c18
100644 blob 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238    README
040000 tree 85a2934a71f7385034f934f9ccc8c746b73d4f44    testdir
$ git cat-file -t 85a2934a71f7385034f934f9ccc8c746b73d4f44
tree
$ git cat-file -p 85a2934a71f7385034f934f9ccc8c746b73d4f44
100644 blob 16b14f5da9e2fcd6f3f38cc9e584cef2f3c90ebe    test.txt
  

tree オブジェクトとして、 testdir が追加されてる。

    $ git cat-file -t 16b14f5da9e2fcd6f3f38cc9e584cef2f3c90ebe
blob
$ git cat-file -p 16b14f5da9e2fcd6f3f38cc9e584cef2f3c90ebe
test file
  

blob はファイルの内容なのでとりあえず特筆する点なし。

親が複数あるとき

merge したときなど、親を複数持つときもあるんじゃなかろうか。

ということで試してみる。まずは test ブランチを新しく作成し、ファイルを適当に作ってコミット。

    $ git checkout -b test
Switched to a new branch 'test'
$ echo "test branch" >> README
$ git add README
$ git commit -m "test branch"
[test 38c9e30] test branch
 1 files changed, 1 insertions(+), 0 deletions(-)
  

リポジトリのグラフを見てみる。(「g」コマンドは $ git log --graph に色々手を加えたもののエイリアス)

    $ git g
* 38c9e30 f60ab37 2013-11-28 kk_Ataka  (HEAD, test) test branch
* c2333bd 1a53959 2013-11-28 kk_Ataka  (master) master branch
* 047f8f6 c3b5990 2013-11-27 kk_Ataka  add test.txt
* c111230 67dc430 2013-11-27 kk_Ataka  README first commit
  

では、 master ブランチに戻り、 master ブランチに test ブランチをマージ。

    $ git checkout master
Switched to branch 'master'
$ git merge --no-ff test
Merge made by recursive.
 README |    1 +
 1 files changed, 1 insertions(+), 0 deletions(-)
  

改めてグラフ。現在の master ブランチ(= b870b7 )はさっきまで master だったもの(= c2333 )と、 test ブランチのもの(= 38c9e3 )が親になっているように見える。

    $ git g
*   b870b73 f60ab37 2013-11-28 kk_Ataka  (HEAD, master) Merge branch 'test'
|\
| * 38c9e30 f60ab37 2013-11-28 kk_Ataka  (test) test branch
|/
* c2333bd 1a53959 2013-11-28 kk_Ataka  master branch
* 047f8f6 c3b5990 2013-11-27 kk_Ataka  add test.txt
* c111230 67dc430 2013-11-27 kk_Ataka  README first commit
  

ということで確認。まずは今の場所の commit オブジェクトのハッシュを改めて取得。

    
      $ 
      git
       rev-parse HEAD

      b870b7313d2fcfda308204b12d5534c5ccac95cb
    
  

commit オブジェクトの中身を見てみる。

    $ git cat-file -p b870b7313d2fcfda30
tree f60ab375c7a4408527f814167a0dc9285f1cbcca
parent c2333bd833a82784ca06a960890a739d43f32c5e
parent 38c9e304d897e71c479bf78fe4def6bcb3ad1b72
author kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385633710 +0000
committer kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385633710 +0000

Merge branch 'test'
  

2つある!

リポジトリからファイルを消したとき

消したらどうなるんだろう。

まずは適当なファイルを追加する。

    
      $ 
      echo
       "hello" >> hello.txt

      $ 
      git
       add hello.txt

      $ 
      find
       .git/objects/ -type f

      .git/objects/ce/013625030ba8dba906f756967f9e9ca394464a
    
  

add したらひとつできてる。 commit したら commit オブジェクトと tree オブジェクトのふたつができて、計みっつになるはず。

    $ git commit -m "first commit"
(略)
$ find .git/objects/ -type f
.git/objects/aa/a96ced2d9a1c8e72c56b253a0e2fe78393feb7    # tree
.git/objects/30/5fd379be250870d1e55584241637dacb44ec82    # commit
.git/objects/ce/013625030ba8dba906f756967f9e9ca394464a    # blob  hello.txt
$ git status
# On branch master
nothing to commit (working directory clean)
  

なってる。

次に、ファイルを削除。

    $ git rm hello.txt
rm 'hello.txt'
$ git status
# On branch master
# Changes to be committed:
#   (use "git reset HEAD <file>..." to unstage)
#
#       deleted:    hello.txt
#
$ find .git/objects/ -type f
.git/objects/aa/a96ced2d9a1c8e72c56b253a0e2fe78393feb7
.git/objects/30/5fd379be250870d1e55584241637dacb44ec82
.git/objects/ce/013625030ba8dba906f756967f9e9ca394464a
  

削除しただけだと変わらないか。

コミットするとどうか。

    $ git commit -m "delete hello.txt"
(略)
$ find .git/objects/ -type f
.git/objects/aa/a96ced2d9a1c8e72c56b253a0e2fe78393feb7    # tree
.git/objects/30/5fd379be250870d1e55584241637dacb44ec82    # commit
.git/objects/4b/825dc642cb6eb9a060e54bf8d69288fbee4904
.git/objects/ce/013625030ba8dba906f756967f9e9ca394464a    # blob  hello.txt
.git/objects/72/e0a285935e33b62877ecb809fd4b6fac6d416d
  

新たにふたつできてる。 commit オブジェクトと tree オブジェクトか。

    $ git cat-file -t 72e0
commit
$ git cat-file -p 72e0
tree 4b825dc642cb6eb9a060e54bf8d69288fbee4904
parent 305fd379be250870d1e55584241637dacb44ec82
author kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1386303674 +0000
committer kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1386303674 +0000

delete hello.txt
  
    $ git cat-file -t 4b82
tree
$ git cat-file -p 4b82
$
  

あ、 tree オブジェクトのリストから消えるだけか。

というか、よく考えたら git rm したからってオブジェクトが消えたらチェックアウトで戻せなくなるな。

課題

まだよくわかってない。

  1. .git/index がどうなっているのか。
  2. .git/objects 下の info と pack
    • $ git gc コマンドを使って整理した場合に複数のオブジェクトのファイルを pack ファイルに圧縮する
  3. オブジェクトが勝手に消えるときはあるのか。
    • detached HEAD 状態になったコミットは gc とか走ると消えそうなんだけど…

メモ

今回使った色々なコマンド。

cat-file

    $ git cat-file -p HEAD # HEAD = commit オブジェクト
tree c3b5990fc81599cd04934d349b2c08a952f16c18
parent c11123084bd99af451ddf8eaad378b9a0a5ae695
author kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385508273 +0000
committer kk_Ataka <kk_ataka@example.com> 1385508273 +0000

add test.txt

$ git cat-file -p c3b5990 # tree オブジェクト
100644 blob 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238    README
040000 tree 85a2934a71f7385034f934f9ccc8c746b73d4f44    testdir
  

hash-object

    
      $ 
      git
       hash-object README # blob オブジェクト

      557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238
    
  

rev-parse

    
      $ 
      git
       rev-parse HEAD

      047f8f6f81e483c5c3004cd80d5ecb81a7f64090
    
  

ls-tree

    $ git ls-tree HEAD
100644 blob 557db03de997c86a4a028e1ebd3a1ceb225be238    README
040000 tree 85a2934a71f7385034f934f9ccc8c746b73d4f44    testdir
$ git ls-tree 85a293
100644 blob 16b14f5da9e2fcd6f3f38cc9e584cef2f3c90ebe    test.txt
  

ls-files

    $ git ls-files --stage
100644 d7f3c505ac2e28aaac5fa9210adb1115b8c57d72 0       README
100644 9daeafb9864cf43055ae93beb0afd6c7d144bfa4 0       new.txt
100644 16b14f5da9e2fcd6f3f38cc9e584cef2f3c90ebe 0       testdir/test.txt
  

show

    $ git show d7f3c505ac2e28a
Hello World
master branch
test branch

$ git show HEAD
commit b870b7313d2fcfda308204b12d5534c5ccac95cb
Merge: c2333bd 38c9e30
Author: kk_Ataka <kk_ataka@example.com>
Date:   Thu Nov 28 20:15:10 2013 +0000

    Merge branch 'test'
  
blog comments powered by Disqus

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages