Sphinxをインストールしようとしたら全然関係ないproxy周りでハマった話 続き

Tags: [ Python ] [ Sphinx ] Published: 2013/08/23

前回までのあらすじ

easy_install で見に行く proxy の順番はこんな感じだった。

  1. 引数に明示的に指定した場合は引数を使う
  2. ↑を満たさず、環境変数 xxxx_proxy が設定されている場合はそこから読み込む
  3. ↑を満たさない場合、 Windows ではレジストリ( IE の proxy 設定)を見にいく

で、なぜか環境変数 HTTP_PROXY を読み込んだ場合は失敗して、 HTTP_PROXY をクリアしてレジストリの proxy 設定を使ったら DL が成功しちゃったという話。

なんでか気になったので調べた。

結論

http 以外 の proxy 設定をしていなかったから。というマヌケなオチ。

次から気をつけよう。

レジストリ( IE の設定)から

IE の 設定では、 ツール > インターネットオプション > 接続 > LAN の設定 > 詳細設定 の Secure にも proxy の設定が入れていた。

すべてのプロトコルに同じプロキシサーバーを使用する にチェックを入れていたので。

レジストリから読み込んだ場合、 Python 実行中に取得した変数 proxies (使用する proxy をしまっておく変数)の値はこんな感じだった。

    [('http', 'http://PROXY:PORT/'), ('https', 'https://PROXY:PORT/'), ('ftp', 'ftp://PROXY:PORT')]
  

環境変数から

一方、環境変数には HTTP_PROXY しか指定していなかった。 proxies を出力するとこう。

    [('http', 'http://PROXY:PORT/')]
  

なので、環境変数に HTTPS_PROXY : https://PROXY:PORT/ を追加すると無事に easy_install できた!

内部の処理

内部がどうなっているのか見てみよう。

環境変数 HTTP_PROXY を設定している、IEのプロキシを設定している場合

この場合、環境変数 HTTP_PROXY が使われる。

また、ProxyHandler への引数 proxies が指定されている場合(明示的に指定している場合)、それが最優先で使われる。

  • urllib2#ProxyHandler から urllib#getproxies を呼ぶ
    class ProxyHandler(BaseHandler):
    # Proxies must be in front
    handler_order = 100

    def __init__(self, proxies=None):
        if proxies is None:
            proxies = getproxies()
  
  • getproxies_environment を呼ぶ
        def getproxies():
        """Return a dictionary of scheme -> proxy server URL mappings.

        Returns settings gathered from the environment, if specified,
        or the registry.

        """
        return getproxies_environment() or getproxies_registry()
  
  • 環境変数を取得して xxxx_proxy のものを探して返す
    def getproxies_environment():
    """Return a dictionary of scheme -> proxy server URL mappings.

    Scan the environment for variables named <scheme>_proxy;
    this seems to be the standard convention.  If you need a
    different way, you can pass a proxies dictionary to the
    [Fancy]URLopener constructor.

    """
    proxies = {}
    for name, value in os.environ.items():
        name = name.lower()
        if value and name[-6:] == '_proxy':
            print name
            proxies[name[:-6]] = value
    return proxies
  

これで HTTP_PROXY が見つかって proxies にぶちこまれてる。

環境変数 HTTP_PROXY を設定していない、IEのプロキシを設定している場合

この場合、 IE の proxy 設定をレジストリから探しに行く。

  • getproxies_environment を呼ぶところまでは同じだが、 getproxies_environment から設定を見つけられないので getproxies_registry へ
       def getproxies_registry():
        """Return a dictionary of scheme -> proxy server URL mappings.

        Win32 uses the registry to store proxies.

        """
        proxies = {}
        try:
            import _winreg
        except ImportError:
            # Std module, so should be around - but you never know!
            return proxies
        try:
            internetSettings = _winreg.OpenKey(_winreg.HKEY_CURRENT_USER,
                r'Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings')
            proxyEnable = _winreg.QueryValueEx(internetSettings,
                                               'ProxyEnable')[0]
            if proxyEnable:
                # Returned as Unicode but problems if not converted to ASCII
                proxyServer = str(_winreg.QueryValueEx(internetSettings,
                                                       'ProxyServer')[0])
                if '=' in proxyServer:
  

Internet Settings に探しにいっている。

blog comments powered by Disqus

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages