Rails3レシピブックを読みながらRailsを学ぶ

Tags: [ Ruby ] [ 備忘録 ] [ Windows ] [ Rails ] Published: 2012/02/28

あらすじ

Redmineプラグインの作り方を学ぶ前にRailsの基本的な事を学ばねばなりますまい。そういやあ。

参考

  • Rail3レシピブック 190の技

環境

  • WindowsXP
  • Ruby 1.8.7
  • Rails 3.2.1

準備

  • はじめにbundleでrailsをインストールする……が、なんかエラーが。
Gem::InstallError: The 'json' native gem requires installed build
tools.

Please update your PATH to include build tools or download the DevKit
from 'http://rubyinstaller.org/downloads' and follow the instructions
at 'http://github.com/oneclick/rubyinstaller/wiki/Development-Kit'
An error occured while installing json (1.6.5), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install json -v '1.6.5'` succeeds before bundling.

bundleするまえにjsonをインストールしてくれと言われた。ので、そのとおりにgem install……。

$ gem install json -v '1.6.5'
ERROR:  Error installing json:
        The 'json' native gem requires installed build tools.

Please update your PATH to include build tools or download the DevKit
from 'http://rubyinstaller.org/downloads' and follow the instructions
at 'http://github.com/oneclick/rubyinstaller/wiki/Development-Kit'

まだだめか。Development-Kitが必要? Development Kit · oneclick/rubyinstaller Wiki · GitHubへ。

どれ落とせばいいんだろうと思ったら、

for the legacy RubyInstaller v1.8.6 use the DevKit-3.4.5 available at our archive downloads page. For RubyInstaller versions 1.8.7, 1.9.2, and 1.9.3 use the DevKit 4.5.2 from our main downloads page.

という事らしいので4.5.2をDLしexeを実行。さらに以下を実行。

$ cd <DEVKIT_INSTALL_DIR>
$ ruby dk.rb init

Initialization complete! Please review and modify the auto-generated
'config.yml' file to ensure it contains the root directories to all
of the installed Rubies you want enhanced by the DevKit.

config.ymlが生成されるので例に従ってRubyのパスを記述。

  8 # Example:
  9 #
 10 # ---
 11 # - C:/ruby19trunk
 12 # - C:/ruby192dev
 13 #
 14 ---
+15 - C:\rubies\Ruby-187-p352

で、インストール。

$ ruby dk.rb review
Based upon the settings in the 'config.yml' file generated
from running 'ruby dk.rb init' and any of your customizations,
DevKit functionality will be injected into the following Rubies
when you run 'ruby dk.rb install'.

C:/rubies/Ruby-187-p352

$ ruby dk.rb install
[INFO] Updating convenience notice gem override for 'C:/rubies/Ruby-187-p352'
[INFO] Installing 'C:/rubies/Ruby-187-p352/lib/ruby/site_ruby/devkit.rb'

満を持してbundle install再び。

…
Installing json (1.6.5) with native extensions
…

オッケー。

アプリケーション作成

  • rails new アプリ名で作成
$ bundle exec rails new sampleapp
      create
      create  README.rdoc
      create  Rakefile
      create  config.ru
      create  .gitignore
      create  Gemfile
      create  app
      create  app/assets/images/rails.png
  • rails new アプリ名 -d DBでDBを指定して作成もできる。省略した場合はSQLite3
  • このアプリ名は変数Rails.rootで参照できる
  • Rails.rootでbundle install(また?)

Bundleで入れたRailsでRailsアプリをnewしてそのRailsアプリでまたBundleしてるのが気持ち悪いけどこんなもんなのかな。

DB設定

これはRedmineでやった事ある。

  • config/database.ymlを編集……し……?
  6 development:
  7   adapter: sqlite3
  8   database: db/development.sqlite3
  9   pool: 5
 10   timeout: 5000

あれ? もうよろしくされてるじゃん。

バージョン等

  • rail -vでRailsのバージョン
$ bundle exec rails -v
Rails 3.2.1
  • rake aboutでRailが使っているライブラリ
$ bundle exec rake about
About your application's environment
Ruby version              1.8.7 (i386-mingw32)
RubyGems version          1.8.12
Rack version              1.4
Rails version             3.2.1
JavaScript Runtime        Node.js (V8)
Active Record version     3.2.1
…

とりあえず起動

  • rails sまたはrails serverで起動。rails s -p ポート番号でポート指定可能
$ bundle exec rails s
=> Booting WEBrick
=> Rails 3.2.1 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server
[2012-02-28 19:27:58] INFO  WEBrick 1.3.1
[2012-02-28 19:27:58] INFO  ruby 1.8.7 (2011-06-30) [i386-mingw32]
[2012-02-28 19:27:58] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=5396 port=3000
  • http://localhost:3000にアクセスしてWelcome aboard You’re riding Ruby on Rails! と表示されていれば動いている

Railsアプリ内のファイルとディレクトリ(抜粋)

Redmineでも見たことがあるファイル等もあるが、役割を明確にわかっていなかった。

file/dir役割
config.ruRackアプリケーションとして実行する際の設定ファイル
RakefileMakefileのRuby版、MakeのRuby版であるRakeで使う
app/アプリケーションを格納
app/assets/CoffeeScript等を格納
app/controllers/コントローラを格納
app/models/モデルを格納
app/views/ビューのテンプレート(html,js)を格納
app/views/layouts/ビューのレイアウトとして使用するhtmlテンプレートを格納
app/helper/ヘルパーを格納
config/DB設定、環境設定等各種設定ファイルを格納
config/environments/各実行環境用の設定ファイルを格納
config/initializers/初期化時に実行されるファイルを格納
config/locales/I18n用のファイルを格納
db/DB操作に使用するスクリプトを格納、SQLite3の場合はDBファイルも
db/migrate/DBスキーマの編集のためのマイグレーションファイルを格納
lib/MVCいずれにも属さない処理をライブラリ化し格納
script/各種スクリプトを格納
public静的ファイル(html,js,css,画像)を格納
test/テストコードを格納
vendor/サードパーティ製のライブラリ、外部ライブラリを格納
vendor/plugins/プラグインを格納

ほとんどになってしまった……。とりあえず役割は覚えておこう。ただし一部ピンときてない場所もあり。

続く。2012-02-29-1330528564

blog comments powered by Disqus

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages