Ruby実行時のオプションをよろしく解析してくれるoptparseを使ってみる

Tags: [ Ruby ] [ 備忘録 ] Published: 2011/12/21

あらすじ

コマンドラインから引数つきでRubyを実行する時は

ruby xxxx.rb ARG1 ARG2

とかして、中でARGVをifで条件分岐とかしていたが…何か他にやり方があるのではと調べたらやっぱりあった。optparseを使えばよろしく解析してくれるようだ。

参考サイト

1. OptionParser オブジェクト opt を生成する。

2. オプションを取り扱うブロックを opt に登録する。

3. opt.parse(ARGV) でコマンドラインを実際に parse する。

基本はこういう事らしい。

サンプルソース

とりあえずGistに。色々試してみる。

実行結果

単純なオプション

  # short option
  opt.on('-a', 'DESCRIPTION') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-a is #{v}"
  end

オプションに-aを指定するだけ。真偽値で返ってくる。第二引数のDESCRIPTIONは後述。

$ ruby optparse.rb -a
v class is TrueClass
-a is true

オプションの後に値(必須)

  # short option with require argument
  opt.on('-b VALUE') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-b is #{v}"
  end

オプションに-b xxxxと指定する。こう記述すると必須になるため、VALUEにあたる値を指定しないとエラーに。

$ ruby optparse.rb -b
C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:451:in `parse': missing argument: -b (OptionPar
ser::MissingArgument)
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1295:in `parse_in_order'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1254:in `catch'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1254:in `parse_in_order'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1248:in `order!'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1339:in `permute!'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1360:in `parse!'
        from optparse.rb:49
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:791:in `initialize'
        from optparse.rb:4:in `new'
        from optparse.rb:4

VALUEを指定すると受け取れる。

$ ruby optparse.rb -b sample.txt
v class is String
-b is sample.txt

オプションの後に値(任意)

  # short option with argument
  opt.on('-c [VALUE]') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-c is #{v}"
  end

VALUEを[]で囲むと値は任意指定になる。指定しないのと指定するので返る値がちがう。(Nilが返ってくる)

$ ruby optparse.rb -c
v class is NilClass
-c is
$ ruby optparse.rb -c sample.txt
v class is String
-c is sample.txt

長いオプション

  # long option. it can also -d, --d
  opt.on('--define') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "--define is #{v}"
  end

一文字じゃなくて長い言葉(--define)にする事もできる。また、その頭文字をとって一文字指定(-d, --d)もできる。(かぶったらどっちが優先されるんだろう、まだ調べてない)

$ ruby optparse.rb --define
v class is TrueClass
--define is true

単純なオプションと長いオプション両方指定

  # short option and long option. it can also --e
  opt.on('-e', '--element') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-e, --element is #{v}"
  end

指定する事もできる。

$ ruby optparse.rb -e
v class is TrueClass
-e, --element is true
$ ruby optparse.rb --element
v class is TrueClass
-e, --element is true

オプションの後に真偽値

  # class define
  opt.on('-f BOOLEAN', TrueClass) do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-f is #{v}"
  end

BOOLEANで真偽値を入力させる事ができる。それ以外だとエラー。

$ ruby optparse.rb -f aaa
C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:454:in `parse': invalid argument: -f aaa (Optio
nParser::InvalidArgument)
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:326:in `parse_arg'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:454:in `parse'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1295:in `parse_in_order'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1254:in `catch'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1254:in `parse_in_order'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1248:in `order!'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1339:in `permute!'
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:1360:in `parse!'
        from optparse.rb:49
        from C:/ruby/lib/ruby/1.8/optparse.rb:791:in `initialize'
        from optparse.rb:4:in `new'
        from optparse.rb:4

真偽値が返ってくる。

$ ruby optparse.rb -f true
v class is TrueClass
-f is true
$ ruby optparse.rb -y
v class is TrueClass
-y is true

ヘルプとバージョン、ヘルプに表示するメッセージ

  # -h, --h, --help is show usage.
  # -v, --v, --version is show version.

オプション-hと-vはヘルプとバージョンに用途が決められている模様。バージョンは何もやっていないので

$ ruby optparse.rb -v
optparse: version unknown

こうなる。ヘルプは

$ ruby optparse.rb -h
Usage: optparse [options]
    -z                               MOVE HEAD!!
    -a                               DESCRIPTION
    -b VALUE
    -c [VALUE]
        --define
    -e, --element
    -f BOOLEAN
    -y                               MOVE TAIL!!

ここで、一番上の-zと-yの位置とMOVE XXX、そして-aのDESCRIPTIONが気になる。さっきの-aの後にあるDESCRIPTIONはヘルプ用メッセージ。

  # short option
  opt.on('-a', 'DESCRIPTION') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-a is #{v}"
  end

残りの-zと-yは、まず-aと同様に引数にMOVE XXXを指定しているのでこれが表示される。そして、opt.onメソッドの代わりにそれぞれon_headとon_tailを使っている。これでheadの場合はヘルプのはじめに上がってきて、tailの場合はおわりに下がるらしい。

  # usage sort
  opt.on_head('-z', 'MOVE HEAD!!') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-z is #{v}"
  end
  # usage sort
  opt.on_tail('-y', 'MOVE TAIL!!') do |v|
    puts "v class is #{v.class}"
    puts "-y is #{v}"
  end

組み合わせ

組み合わせもできる。

$ ruby optparse.rb -aeb sample.txt
v class is TrueClass
-a is true
v class is TrueClass
-e, --element is true
v class is String
-b is sample.txt 
blog comments powered by Disqus

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages