vmstatとかiostatとかsarとかswapコマンドのメモ

Tags: [ Solaris ] [ 備忘録 ] Published: 2011/09/04

すぐ忘れるのでメモ。あと略称とかも。

vmstat

  • 表示
 kthr      memory            page            disk          faults      cpu
 r b w   swap  free  re  mf pi po fr de sr ** ** ** **   in   sy   cs us sy id
  • kthr: KernelTHRead
rRun queue待ち行列内のカーネルスレッド数(mpstatやprstatでも取得可能)
b?I/Oで待たされているカーネルスレッド数
w?スワップアウトされたカーネルスレッド数
  • memory
swap-現在利用可能なスワップ領域(ディスク上+メモリ上のスワップ領域)
free-空きメモリ領域
  • page
repageREclaimsfreeListに入れられた後、復帰したページ数
mfMinorFaultHAT faultとAddress Space faultを足した数
piPageInページインされたメモリサイズ(キロバイト)
poPageOutページアウトされたメモリサイズ(キロバイト)
frFRee?解放されたメモリサイズ(キロバイト)
deDEficit次のプロセスで必要と予測しSolarisが確保する仮想メモリのバッファ
sr?ページデーモンによってスキャンされたページ数(0以外だと実行されている)
  • disk
最高4台のデータを表示読み書きした回数
  • fault
inINterrupt1秒あたりの割り込み(インタラプト)回数
sySYstemcall1秒あたりのシステムコース回数
csCpucontextSwitchesコンテクストスイッチ発生回数
  • cpu
usUSertime?ユーザモードで使用したCPU時間
sySYstemtime?システムモードで使用したCPU時間
idIDletimeCPUが使用されていなかった時間

iostat -D

  • 表示
    ****          ****          ****          ****
rps wps util  rps wps util  rps wps util  rps wps util
  • パラメータ
rpsReadperSec毎秒何回読み取りしているか
wpsWriteperSec毎秒何回書き込みしているか
utilUTILization?各デバイスの使用率

iostat -x(全てのディスク情報)

  • 表示
                 extended device statistics
device    r/s    w/s   kr/s   kw/s wait actv  svc_t  %w  %b
  • パラメータ
device-デバイス名
r/sReadperSec毎秒何回読み取りしているか
w/sWriteperSec毎秒何回書き込みしているか
kr/sKiloReadperSec毎秒何KB読み取りしているか
kw/sKiloWriteperSec毎秒何KB書き込みしているか
wait-実行待ち中のI/Oの数
actvACTiVe毎秒処理されているI/Oの数
svc_tSerViCeTime平均サービス時間?
%w?待ち行列が存在している時間の割合、リーマン和
%b?ディスクビジーの時間の割合、リーマン和

swap -s

  • 表示
合計: 7429999k バイト割り当て済み + 99999k 予約済み = 8399999k 使用済み, 5199999k使用可
  • パラメータ
allocated割り当て済みバックアップ用の記憶域として使用可能なスワップ空間を表す1024バイトのブロック数
reserved予約済み後から使用できるようにメモリによって回収されるスワップ空間を表す1024バイトのブロック数
used使用済み割り当て・予約済みのスワップ空間を表す1024バイトのブロック数
available使用可後から予約や割り当てに使用可能なスワップ空間を表す1024バイトのブロック数

Author: kk_Ataka / Powered by Jekyll on GitHub Pages